花粉症の時期になるとくしゃみや目の痒みなどに悩まされている方に有効なのがアレグラというお薬です。このアレグラは通販サイトで手軽に購入でき、高い予防効果を発揮してくれるため花粉症患者にはとても人気の高いお薬です。

花粉症に悩まされる女性のイラストとアレグラ30mgの写真

アレグラと漢方の小青龍湯について

アレグラも小青龍湯もアレルギー性鼻炎や花粉症の薬として広く使用されています。アレグラは専門の医師から処方され、使用している患者が多いです。昨今、医療用と同成分のものが薬局で購入出来るようになりました。アレグラは鼻炎アレルギー性皮膚炎の治療薬として用いられています。
一方。漢方の小青龍湯は主に鼻水、くしゃみ、せき、たん等風邪と紛らわしい症状の時に利用されるケースが多いです。小青龍湯は漢方であるため副作用は少ないです。反面、効果の出る人とそうでない人との差が大きいです。
漢方であるこの薬で症状が緩和された時は、担当の医師は長期間にわたって小青龍湯を活用するケースが多いです。
医師の考えや患者の症状によってはアレグラと小青龍湯を組み合わせて処方されるケースも増えています。一度に両者を使う事によってより早く症状を緩和したい時によくこの手法は用いられます。両者ともに副作用はあまり強くないので一度に両者を出しても問題がない場合が多いです。
昨今、耳鼻咽喉科や皮膚科等を仕事や学業のため受診出来ない人が多いです。そのような人は薬局でアレグラや小青龍湯を購入し、症状の改善を目指します。市販でこれらを購入した時は処方してもらうよりも経済的な負担は大きいです。経済的な面を考え、医療機関でそれらの薬をもらう人が多いです。
アレグラや小青龍湯は症状が悪化したり、問題が出てから使用をするのではなく、予防のために使用する人や症状が軽いうちから使いはじめひどくなる事をとめる人もいます。
地域の薬局等でこれらの薬を購入すると金銭的な負担が家計を圧迫するおそれがあります。
アレグラも小青龍湯は早めに使いはじめるとより大きな効果が出ます。